気になる記事

当店からの
お知らせ。

  1. HOME
  2. news
  3. 限界突破Wi-Fiでテレビで映画などamebaTVやYouTubeやtverなどを楽しむには!

限界突破Wi-Fiでテレビで映画などamebaTVやYouTubeやtverなどを楽しむには!

最近のテレビにはインターネットを接続できる機能が標準で装備されていますが限界突破Wi-Fiをテレビと直接つなぐ場合1日10ギガの制限をすぐ超えてしまう場合がございます。そこでどうしたら超えないでいっぱい映画を見たりいっぱいYouTubeを見たりできる方法を模索しておりました。
限界突破Wi-Fiをテレビに直接Wi-Fi接続するとすぐ容量が制限の1日10ギガになってしまいます。

そこでスマートフォンを経由してテレビに映し出す方法がございます「無線接続」、iPhoneの場合だとミラーリング、アンドロイド端末だとクロームキャストで接続しますとテレビでギガをたくさん消費してしまいますのでこの方法はお勧めできません。
そこで有線接続と言う方法がございます。

iPhoneの場合 Lightning to デジタルAVアダプタを使用します、品番MD826AM/A
交換アダプターを用いてHDMIケーブルをテレビのHDMI端子に接続しもう一方のHDMI端を交換アダプターに接続しますテレビの電源を入れてリモコン等にある入力切り替えボタンからHDMI入力に入力を切り替えればiPhoneの画面がそのままテレビに表示されます。
この方法でAmazon Primeの映画などスマートフォンで受信してその映像をテレビに映し出せます、ただ1つ注意点がございますAmazon PrimeなどYouTubeなどその他のスマートフォンに入ってる映像系のアプリで事前に画質の設定をしとく必要がございます、高画質になればなるほどデーターの消費量は高くなります、そこでテレビに映しだしたときにある程度きれいな画質を選んでいただき1時間あたりのGBのデータの消費量を少なく調整していただきますと長時間テレビでインターネット、映画ドラマなどなど限界突破Wi-Fiで充分楽しむことが可能でございます。

アンドロイドスマートフォンの画面をテレビに出力し外部から操作する方法
アンドロイドのスマホ画面をテレビに機種によって操作する条件がございます。
テレビに接続する方法や機種によって大きく2つに分かれます。

☆マイクロUSB端子にHDMI交換コネクターを用いて出力
☆USBタイプ4端子にHDMI交換コネクターを用いて出力
マイクロUSB端子を持つ端末の場合スマートフォンの使用で外部出力がMHL対応しているのが条件でMHLとはHDMIと同様映像出力に関する携帯機器の規格です。Androidスマートフォンでは、まず充電に使う端子をチェックしてください。古いモデルでmicroUSB端子の製品は、MHLという出力に対応していれば専用のアダプターやケーブルを利用することで出力できます。また、もっと古いスマホはmicro HDMI端子が付いている製品もありますが、もうほとんど使われていないです。
マイクロUSBにHDMI交換型ケーブルを接続しHDMIでテレビに出力ができるようになります、機種によってはエムエイチエルに対応しておりません各種スマートフォン使用一覧を確認し外部出力にMHLの記載があるか確認してください。

USBタイプcー端子を持つ端末の場合「DisplayPort Alternate Mode」に対応していれば出力可能です。その場合には、USB-C−HDIMアダプターを利用すればテレビに接続できます。このアダプターは、パソコンでも使われるため多くの製品が販売されています。
お持ちのスマートフォンはHDMI出力に対応しているのかを確認してくださいませ。

ちなみに私の場合アンドロイドタブレットを用いてテレビに接続しております。
ドラゴンタッチと言うメーカーで機種は
アマゾンで購入いたしました10インチのDragon Touch タブレット 10.1インチ Android 9.0 RAM2GB/ROM32GB32GBメモリ GPS HDMI FM機能 2.4G-5GWiFi IPSディスプレイ NotePad K10
タブレットで実売価格が11000円ほどでした。
この端末はマイクロHDMI端子が付いてますので品番HDM07-330ADG交換アダプターを用いてテレビ接続しております。

この方法でAmazon Primeの映画などタブレットやスマホで受信してその映像をテレビに映し出せます、ただ1つ注意点がございますAmazon PrimeなどYouTubeなどその他のスマートフォンに入ってる映像系のアプリで事前に画質の設定をしとく必要がございます、高画質になればなるほどデーターの消費量は高くなります、そこでテレビに映しだしたときにある程度きれいな画質を選んでいただき1時間あたりのGBのデータの消費量を少なく調整していただきますと長時間テレビでインターネット、映画ドラマなどなど限界突破Wi-Fiで充分楽しむことが可能でございます。

ソニ製のテレビは低画質の映像をアップコンバートする機能など、映像処理を受け持つブラビア超解像エンジンが搭載されているものもありますのでスマホやタブレットで中画質で受けてテレビがある程度補正してくれて大画面でもGBの消費を気にせず楽しめそうです!

ご参考までに、Amazon プライムでストリーミングで再生する場合
中画質で1時間あたり0.6 GB
高画質で1時間あたり1.8 GB
最高画質で1時間あたり5.8 GB 

ダウンロードで中画質で1時間のビデオが約0.5 GB のデータとストレージを使用します。
高画質で1時間あたり0.8 GB のデータとストレージを使用します。
最高画質で1時間のビデオ約1.4 GB のデータとストレージを使用します。
ダウンロードして見るほうがGBの消費が少ないですね。

Ameba TV の動画
最高画質で1 GB あたり約1時間
高画質で1 GBあたり約1.5時間
中画質で1 GB あたり約3時間
低画質で1 GB あたり約4時間
最低画質で1 GB あたり約5時間
通信節約モード1 GB あたり約10時間

news

news一覧